歯科医院で行う親しらずの移植

歯科医院で、親しらずを抜かなければいけないと言われた人は多いでしょう。一番奥に生えてくるので虫歯になりやすく、噛む機能にもそれほど影響しないためです。健康な場合、抜いた歯がもったいないと感じる人もいるでしょう。手前の歯が抜け落ちていると、抜歯した親しらずを移植できることもあります。歯科の治療は、歯の大きさなどで大きく変わるため、全ての歯が移植できるとは限りませんが、自分の歯なので免疫反応もなく、比較的定着率はいいことで知られています。万一、抜く機会があれば、スタッフに相談してみるといいでしょう。

親しらずの定義と抜歯

親しらずは、大人の奥歯の中で、一番奥に生えていて、第3大臼歯と呼ばれています。この歯は、最前方の前歯から、数えて8番目の歯で、永久歯の中で最後に発育します。永久歯は、大体15歳前後に生えそろいますが、この歯は10代後半から20歳代前半の生えそろう事が多く「親がこの歯が生えた事を知らない」の意味で、こうよばれます。この歯が正常に生えて機能している場合や手前の奥歯が抜けてしまった場合のブリッジや入歯の土代に使う場合は、歯科で親しらずを歯抜く必要がありません。しかし、歯科においては、この歯や手前の歯も虫歯となった場合とか、横向きにうずまっていて前方の歯に障害を及ぼしている場合や食べ物が詰まって、歯肉の腫れや痛みを繰り返している場合や骨の中に完全にうずまっている場合は、抜歯した方がいいでしょう。

↑PAGE TOP