歯科医院で行う親しらずの手術

歯科医院では、虫歯の治療だけ行われているイメージがありますが、手術も行われています。特に、斜めに生えてしまった親しらずの場合は、真っ直ぐに引き抜くことができません。そのため、麻酔をしてから、歯を分割することで、抜きやすくする工夫をしています。歯科医院の中でも、口腔外科と呼ばれる分野の先生は、親しらずなど外科手術を得意としています。手前の歯に引っかかってしまう部分だけを削ったり、できるだけ患者さんの負担にならない方法で抜くようになります。通常の抜歯より、術後の腫れや痛みなどが出やすいですが、放置していても症状が悪化してしまうので、抜歯の対象になった場合はすぐに抜くようにしましょう。

親しらずの治療についての説明

歯には、親知らずと言うものがあります。この親知らずにつきましては、歯科で治療することになります。まっすぐ生えてれば良いのですが斜めになっていたり横になっていたりする場合が多いです。この場合の歯科での治療に起きましては、外科的治療を必要とする場合が多いです。歯茎にメスを入れ完全に顔出してから抜き取ると言う作業になります。また神経に近い歯につきましては、神経を傷つける恐れがありまたその傷つけてしまった場合については後遺症が残る場合が多いです。これは1年ぐらいは治りません。親しらずの治療の際には、しっかり意識を保つことが大切です。

↑PAGE TOP