歯医者での定期検診の必要性

ついついケアするのが面倒になりがちなお口の健康ですが、しっかりと口腔ケアをすることは、痴呆やアルツハイマーの予防にも繋がります。歯が無くなってしまうと、咀嚼する階数が減ってしまい、脳に刺激が入りにくくなります。しっかりと、「噛む」ことで、お顔だけでなく、脳にも刺激が入ります。歯医者に定期検診を受けるようにすることで、しっかりとした口腔ケアを行うことが出来て、お口の健康に役立ち、いつまでも自分の歯で物を食べることが出来ます。

歯医者で健康寿命を延ばす

平均寿命は延びていますが、健康寿命はいまいちということが報道されています。その大きな原因は、生活習慣病がもららすところにあります。では、生活習慣の改善のために何をしたらいいかというと、昔から言われているとおり、快食、快眠、快便、快(運)動ということになります。中でも、栄養バランスの良い食事は欠くことのできないものであり、だからこそ歯を大切にする必要があるのです。まずは定期的に歯医者さんで歯の状態を確認してもらい、必要な手当てをしてもらうことがスタートなのです。

↑PAGE TOP